家族葬は身内だけで行います

家族が亡くなった時には、葬式を出しますが、一般的な葬式の他にも家族葬と言う物があります。



一般的な葬式は、家族や身内を始め、その他、知人や友人と言った一般参列者も葬式に来るように、町内会や掲示板を利用して葬式の告知をしてお知らせするような方法が多いのです。

まったく新しい家族葬に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

一般参列者が来ますので、顔の知らない相手が多くどんな関係の人かも把握しきれない状態になって、部外者が紛れ込んでいても解らないのです。

日本経済新聞情報選びはインターネットで行う時代です。

また費用もそれなりの場所を借りて行う事により、葬式の費用も高額になってしまうという事にもなります。

用意した物も人が少なく余ってしまったり、逆に多すぎて足りなくなるなどの可能性もあり、無駄が増えてしまうのが、一般的な葬式なのです。


それとは違い家族葬は、身内と親戚だけ行う葬式になり、案内や告知をする必要が無く、電話だけで済ませられるのです。
また参列してくれる人数も一緒に聞いて置けば、お返しの準備や食事の用意などもまったく無駄にならずに行う事が出来るようになります。
式場から火葬場までも、貸切のバスを借りるよもタクシーで行った方が安上がりになり、台数も前もって決めて置く事が出来るのです。

式場の大きさも無駄に広くしないで、人数に合わせて決める事が出来ますし、一般参列者が居ない事で、親族と身内だけでなので、全員の顔が解っており、話をする時も気楽に出来るようになれるのです。家族葬は無駄を省けるという利点の他にも部外者を一切遮断するといった事で、親族との繋がりを大切にするという事が出来て、その上費用が半分近くで行う事ができるのです。