社員から家族葬であると聞いた場合の会社の対応

社員から家族葬があるため会社を休む、あるいは本人が亡くなり家族葬であると知らされた場合、会社はどのような対応をすればよいか、あらかじめマニュアル化しておくと慌てずに済みます。

評価の高い日本経済新聞のお役立ち情報を公開しています。

まず、亡くなったのがどなたなのか、本人でないかぎり、本人からみてどのような関係性の方なのかの確認、弔問、香典、供花、焼香、弔電などどれを辞退するのか、喪主はどなたなのか、社内のどこまで訃報を知らせても良いのかなどを確認しましょう。
会社としては個人的に弔問する人が出ないように配慮する必要があります。

社員としては不意の弔問を避けるためにどの部署に知らせるか制限して欲しい旨を伝えましょう。


出来るのであれば葬儀後、事後報告として訃報のお知らせと家族葬であった旨のお知らせをすることもあります。



会社によっては規定で香典を慶弔見舞金として渡す事が決まっている事があります。



この場合、葬儀後落ち着いてから渡すのが良いでしょう。

その時に会社の経費であること、そのため香典返しは必要ない旨伝えてあげましょう。香典とは元々霊前に供え、お香や花、供え物の替わりに渡すお金でしたが、最近では遺族の葬儀の金銭的負担を減らす為の支援的な意味も含まれます。


その為香典返しが必要になってくるわけですが、慶弔見舞金や弔慰金は故人への弔いと家族を亡くした社員、または遺族への慰めの意味があり福利厚生的な意味合いが強いため香典とは違うので香典返しは必要ないのです。

会社側は喪家の意向をしっかりと理解し、確認して対応を間違わないようにすることが大切です。