家族葬は身内だけで行う葬儀です

葬儀を行うには、高額な費用が掛かり、親族はもちろんの事、知人にも連絡をしなくてはいけなく、とても大変な苦労となります。

また短時間ですべての予定を立てないと葬儀までに間に合わないような事になってしまうのです。その為最近では、身内だけで行う家族葬という身内だけで行う葬儀を行う事がとても多くなっています。
身内内だけの葬儀ですから、一般に葬儀の告知をしなくても済みますし、一般参列者をすべて拒否してしまうので、知らない人の参加も無くなるので落ち着いて葬儀を行う事が出来るのです。また最近では、近所で葬儀を行う事も嫌がられる傾向にありますから、静かに行う事で、近所迷惑にもならないのです。



家族葬は、普通の葬儀と違い小さ目に行いますから、大きいホールを貸し切って行う事も無く、前もって大体の参加人数を決めてから、葬儀を行うホールの大きさを検討する事も出来るのです。
無駄に大きい所を借りて高額な費用を払うよりも、人数に合わせて丁度良い所を借りるようにして、葬儀代の節約にもつながるのです。


葬儀自体は、普通のやり方と変わらず、手抜きは一切なく、安心して故人を送り出す事が出来ますので、家族葬だからと言っても普通の葬儀と同じなのです。



違う所は、一般参列者が一人も居なく、無駄になる事をすべて省いて行え、親族の為に行うという事になります。

家族葬を小さなホールで行うということで、葬儀自体は一般葬儀に負けないぐらい盛大になると言うのも特徴の一つとなり、葬儀代も高額になってしまうと言う事は無いのです。

今すぐ見つかる産経ニュースの知りたかった情報がきっと見つかります。